妊娠中の体調

酸っぱい食物は結構いけることが多い

投稿日:

無我夢中でやれることがあると、つわりの苦しさもいくらかやわらぎます。会社勤めの人なら、働くことで気がまぎれる場合があります。例えば、コンサートに行ったり、仲の良い友達と話せば、きつさも感じにくくなります。外に出るだけでも気持ちが楽になります。静かに過ごせるところでゆっくりと時間をとるようにすれば気持ちが楽になります。つわりで体の動かないときは、今はお腹の赤ちゃんの栄養に悪影響はないので、つるんと喉に通る食物を食欲があるときに食事しましょう。周りの人もつわりでキツイ人の近くで食べる物に注意して具合の悪くなるものは避けるようにしましょう。それから理由は不明ですが、自分の手で調理したものより買った食品のほうがすんなり食べれます。葉酸は胎児が細胞が増えていくのに無くてはならないものです。これが十分でないと細胞分裂もおかしくなり、生まれもっての不自由や時には死んでしまうこともあるようですから、葉酸不足に用心することがかなり重要です。葉酸を確実に摂取していくために食品や妊婦向けサプリメントの利用もひとつの手段です。わりと手軽に摂取が可能で継続も楽なのがサプリメントのほうです。つわりが生じている時は起き掛けの胃が空っぽの時に気分が最悪になることもあります。ベッドの近くにお菓子など軽く食べるものを用意しておき、立ち上がる以前に少量お腹に入れるならムカムカしなくなります。日中も腹減りが続くのに注意して軽食を合間に摂るようにするといいようです。例えば唐揚げや魚類は難しくても冷んやりしたものや酸っぱい食物は結構いけることが多いです。妊娠するとよく便秘になります。分泌が活発化するプロゲステロンのせいで腸の運動が抑制されることや、増大する子宮の大きさに直腸もつぶされ、動きにくくなっていくために起きるようです。妊娠からくるプレッシャーなどメンタル面の不安定さが引き起こしていることもあります。前より活動の時間が少なくなることもスッキリできない理由かもしれません。便秘でポッコリお腹になったり、気分が悪くなったり、屁が出ることもあります。中でもつわりと便秘が重なると食欲も一層出ません。そして、便秘は痔につながることも少なくありませんから、快調な排便習慣を取り戻しましょう。便秘を減らすためには、便意が起きたらトイレに行くことです。毎日時間を決めておいてとにかく便器に座るような習慣づくりが役立ちます。母体の心臓は貧血になると負荷がかかり、症状として動悸・息切れなどがみられることがあります。場合によっては、めまいや立ちくらみも起きるかもしれません。すぐに疲労を感じ、だるくなったり、血色が優れなかったりします。妊娠中の貧血が生じたとしても、直ちに胎児の成長にダメージが及ぶことはありません。しかし、長期に貧血が改善されないままだと、胎児の成長も影響を受けるようになります。それに母体の体調も深刻になることがあります。妊婦は基礎的な代謝自体が前より格段に大きくなるため、水分補給をよく行わなくてはなりません。正しい水分の摂り方で脱水症状にならずにすみますし、血液の粘りが少なくなり、血液の循環がとても良くなります。さらに細胞の生まれ変わりも活発化し、本来体がもつ老廃物の排出も促されるので、妊娠期の健康を守る上でちゃんと水を摂取しておくことが肝要です。

-妊娠中の体調

Copyright© DHAのチカラ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.