妊娠中の体調

母親自身の鉄分は不足傾向に

投稿日:

夢中で何かをやっていると、キツイつわりも少し楽になることがあります。働いているなら、会社のことに意識を向けるなら少し症状も和らぐかもしれません。また楽しいイベントに参加したり、ママ友とランチに行ったりすれば、その時はつらさも忘れます。外に出るなら気分もよくなるかもしれません。人混みが少ない場所でくつろいでいると気持ちも晴れます。つわりは起きたばかりの空腹により気分の悪化を経験する場合が少なくありません。ベッドの横にチョコレートなど軽く食べられるものを準備して、動く前に空腹を抑えるとオエッという感じも減ります。活動中も極端な空腹に注意して軽食を合間に摂るようにするといいようです。例えば唐揚げや魚類は難しくてもクールなフードやすっぱいフードはスッと食せます。女性の場合は月経があるので、妊婦でなくとも、貧血が高い割合で存在します。妊娠中に限定すると、30~40%は貧血という診断が出ます。妊婦の場合は赤ちゃんが体内で自分の血液をつくろうとママの体内の鉄分を必要とします。ですから、母親自身の鉄分は不足傾向になります。このような症状を鉄欠乏性貧血と称されています。妊娠して28~31週付近でよくみられます。葉酸については生命活動を保つ点で決して外してはならないものですが、中でもこれからカラダが形成されていくお腹の赤ちゃんの場合は葉酸が不足することで奇形などにつながる場合があります。不具合が露呈しないためにママはしっかり葉酸を摂ることを勧められていますが、とりわけ葉酸の役割が大きいのは妊娠して4~20週のころなので、望ましいのは妊娠を希望する時期から意識して葉酸を摂ることです。吐き気がおさまらないようなときは、体内の水分が失われるかもしれません。水分を摂るようにして下さい。まとめて飲めそうにない時は、ちょこちょこ飲んでください。爽快感のする柑橘系の味のドリンクならスッと入ると思います。また妊娠が分かった場合はいつもより1,2時間は多く寝るようにしてください。昼寝もよく活用しましょう。身ごもった赤ちゃんの骨の形成、筋肉であったり、神経のコーディネートを行うのが、ミネラルの中でも特にカルシウムです。赤ちゃんができたことがわかったら努めていつもよりか量を増やしたカルシウムを摂取できる習慣をつくりましょう。妊娠すると以前の160%のカルシウムが適切な摂取基準となっています。しかし、つわりがひどくて食べられないのに頑張って食べる必要はないです。妊婦の多くは便秘気味になります。たくさん増えていくプロゲステロンの影響で腸の動きが緩慢になることや、増大する子宮の大きさに直腸もつぶされ、本来の働きが難しくなるためにそうなってしまうのです。妊娠からくるプレッシャーなど精神的な要素が関係している場合もあります。運動をしなくなりがちなのも排便リズムが乱れていく原因かもしれません。妊娠中には体の代謝がいつもより高くなるため、水を十分に飲んでおくことが必要です。きちんと水を飲むなら水分不足による体調不良を予防できますし、血液粘度も下がり、血行を良くするのに貢献します。加えて身体の代謝が良くなって、全身の老廃物が体外に出ていく作用も促進されることなど妊婦さんの体調管理の上で十分に水分を摂ることが欠かせません。

-妊娠中の体調

Copyright© DHAのチカラ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.